お墓の引越し | 田舎の大切な墓石(石塔)を移設します

お墓の引越し無料キャンペーン、好評につき延長します!

お墓の引越しとは | お墓の引越しのメリット | お墓の引越しの種類 | お墓の引越しの手順 | お墓の引越しの費用 | お墓の引越しキャンペーン

新宿・渋谷区限定!お墓を手に入れるチャンスです。

お墓の引っ越しイラスト

●お墓は遠いので、住まいの近くにお墓が欲しい!ご遺骨のみでなく、出来れば石塔も一緒に移したい。

●東北から北陸〜岐阜県エリアで、新宿駅を起点に200km迄のお墓のお引越しを無料(※)で行います。

●階段、傾斜地、クレーンが入らない場合はお断りいたします。

●お引っ越し先は、弊社取り扱いの「新宿区・渋谷区の墓苑」(下の表参照)でのお取引とさせて戴きます。

●お墓の引越し無料キャンペーンは平成28年8月31日までにお問い合せ、お申込みの方限定です。

●石塔の大きさ、劣化度、または受け入れ先の墓苑の都合で石塔を移設出来ない場合がございます。

●各種引越しに係る市・町役所、魂抜き等の費用は別途掛かりますのでご了承ください。

 

※弊社の他の割引プランとの併用はできませんので、あらかじめご了承ください。

メールでのお問い合わせ以外は「無料」ではございません。予め土地代金、墓石代金含めた総予算もメールにて必ずご返送下さいませ。

 

 

 

▲ ページのTOPへ ▲


「お墓の引越し」ってなぁに?

お墓の引越しとは
すでにお墓に埋葬してある遺骨を、他のお墓や納骨堂に移動したり、お墓そのものを別の場所に移転することで、正式には「改葬」といいます。最近では、郷里のお墓から、現在のお住まいの近くに墓所をもとめて移転するケースが増えています。実際の「お墓の引越し」にあたっては、公的な手続きも必要になります。

トップへ戻る

お墓の引越しのメリット

今のまま(故郷・郊外)のお墓だと…。

●遠くて、気軽にお墓参りができない。

●お墓参りが1日がかり。

●年をとるとお参りが億劫で。

 

「ご自宅近くのお墓」を購入された方からは、たくさんの喜びの声が寄せられています。

●1人でいつでも自由にお墓参りが出来るようになった。

●買い物のついでにお参りが出来るようになった。

●家族みんなでお参りし、コミュニケーションがとれるようになった。

●近くなので交通費も安上がり。

●息子の車ではなく、思い立った時歩いて行けるようになった。

●命日はもちろん、それ以外にも「誰にも気兼ねせずに」よくお墓参りに行けるようになった。

●お墓を継承する子どもたちにも喜ばれた。

●田舎のお墓のことがずっと気になっていたが、決断して気持ちに余裕ができた。

トップへ戻る

お墓の引越しの種類

お墓の引越しは、大きく分けて4つの種類があります。

一般的には移動できるのは石碑(竿石:墓石の一番上の●●家之墓と書いてある石)とお骨壷のみです。納骨棺や、外柵と呼ばれる周りの石は移動先の墓地と寸法が合わないため移動できません。

竿石は「仏石(ほとけいし)」とも呼ばれ、ここにご先祖の魂が宿るといわれています。

 

【既存の墓所を残さない】(※既存の墓所は更地に戻す)

(1)石碑(竿石)と、納骨してある骨壺をすべて移転。(石碑の移転には移転先の同意が必要。また、石碑以外の墓域部分を新設)

(2)移転する先で、石碑を建て替える。骨壺はすべて移転。

 

【既存の墓所を残す】(※移転先で石碑を新しく建て替える)

(3)複数ある骨壺の一部を移転。

(4)ご遺骨の一部を納骨する。(分骨)

トップへ戻る

お墓の引越しの手順

1.ご自宅の近くで「新しい墓」を求める。

新しいお墓との手続きを済ませ、新しい墓地の管理者に必要な書類を発行してもらう。

また、納骨の時期を考えて、建墓工事の打ち合わせをしておく。

【発行してもらう書類(A)】受入証明書または墓所使用許可書(永代使用許可証)

 

2.現在の墓地の管理者(寺院・霊園管理事務所等)に改葬の事情を説明し承諾を得る。

管理者に埋蔵(埋葬)証明書または収蔵証明書を発行してもらう(遺骨ごとに必要)。

【発行してもらう書類(B)】埋蔵(埋葬)証明書または収蔵証明書(遺骨ごとに必要)

 

3.現在の墓地がある市区町村役場で「改葬許可申請書」をもらい署名捺印の上、(A)と(B)の書類を添えて改葬申請を行い、「改葬許可証」を発行してもらう(遺骨ごとに必要)。

【発行してもらう書類(C)】改葬許可証(遺骨ごとに必要)

 

4.現在の墓地管理者に書類(C)「改葬許可証」を見せて、遺骨を取り出す。その際に「魂抜き」(閉眼供養・抜魂供養・遷座法要・遷仏法要等、宗派・寺院によって法要の主旨・言い方は異なります)をしてもらう。

また、現在の墓を残さない場合は、墓石を撤去し墓所を更地に戻す。

 

5.新しい墓地が完成したら、新しい墓地の管理者に書類(A)と書類(C)を提出し、新しいお墓に納骨する。「開眼供養」(納骨法要、建碑法要等、宗派・寺院によって法要の主旨・言い方は異なります)を行う。

トップへ戻る

お墓の引越しの費用

お墓の引越しにあたってはそれぞれ次の費用がかかります。

 

【新しい墓地】

墓地・墓石の取得(永代使用料、工事代金等含む)→180万円〜

開眼供養等の法要→2万円〜15万円

納骨料(実際に納骨をする作業員や儀式のセッティング代)→2〜3万(1遺骨あたり)

 

【現在の墓地】

撤去、処分、整地→10万円〜15万円(1平方メートルあたり)

遺骨の取り出し費用→4〜5万(1遺骨あたり)

閉眼供養等の法要→2万円〜15万円

石碑の運搬費用(移動する場合)→20万円〜80万円

※移動距離や墓石の大きさによって異なります。

 

【諸雑費】

各種書類代金→ 1万円前後

交通費→ 現在のお墓がどこにあるかによって異なります。

トップへ戻る

三井のお墓の引越しキャンペーン
東北から北陸〜岐阜県エリアで、新宿を基点に200km迄のお墓のお引っ越しをこの時期限定で !

期間限定のキャンペーンですから、このチャンスをお見逃しないよう、よろしくご検討ください。

※各種書類代金や魂抜き等のお寺の費用は含まれません。ご了承下さい。

トップへ戻る

▲ ページのTOPへ ▲


お墓のお引越しキャンペーンはホームページからお申し込みの方のみの特典です。

お電話でお申し込みの方は必ず「ホームページを見た」とお伝えください。


 

個人情報保護方針について